漏財宅対策!日陰の窓にグリーンネックレスとガジュマル

ガジュマル

私の家は、玄関を入ってすぐ階段があるんです。

そして、その階段に採光のための窓があるのですが、

風水上、玄関から一直線上に向こう側の窓が見えてしまう、「漏財宅(ろうざいたく)」という間取りなのです。

せっかく、玄関から入ってきた気が、そのまま家の外に出てしまうため、家にお金が溜まらないと言われているのです。

その対策に買ったのが、ガジュマルでした・・・。

スポンサーリンク

漏在宅ってお金が溜まらないの?

そこまで風水に詳しくないので、家じゅうの細かいものの配置について詳しく考えたり、気にしたりすることは少ないです。

しかし、生きていくのにお金が必要なのに、お金がお家からどんどん漏れて行ってしまうなんて聞いたら、かなりショックじゃないですか?

そこで、私の家に合う対策を調べてみました!

漏在宅の対策とは?

伝統的に言われる風水対策としては、3つの方法があるようです。

1、窓を壁にする

2、厚手のカーテンやパーテーションで窓を見えなくする

3、観葉植物を置く

まず、「1、窓を壁にする」ですが、

北東側の階段とは言え、採光のために階段に窓をつけているので、塞いでしまうのにはかなり抵抗があります。

さらに、窓を壁にするって・・・お金がかかりますよね?

漏財宅を直そうとしているのに、そのためにお金をつぎ込む気にはなりません。窓を壁にするって、いくらかかるんですかね?

この選択肢「1」は候補になりませんでした。

次の、「2、厚手のカーテンやパーテーションで窓を見えなくする」です。

まず、採光を確保するために、パーテーションを検討しました。

しかし、我が家の玄関はそこまで広くはなく、玄関からリビング、玄関から和室、玄関から階段、などの行動の分岐点になる場所であったため、パーテーションを置くスペースが確保できませんでした。

もう一つの、厚手のカーテンを引く対策を、実は数年間行っていました!

カーテンレールがある場所ではないので、突っ張り棒と突っ張り棒に取り付けることのできるカーテンフックを用意し、家にあった昔使っていたピンク色の厚手のカーテンを使っていました。

しかしね、やっぱりね、この「厚手の」というところが重要なんですよ。うちのカーテンはしっかり厚手のものでしたから、光が入らないんですよ。

何度も繰り返しますが、やはり採光のための窓なので、塞いでしまうと暗くなるんですね。特に冬の今は暗くなってしまい、昼間でも曇りや雨の日だといちいち電気をつけなくてはなりません。

残ったのは「3、観葉植物を置く」。

観葉植物を置くだけならば、その窓を塞いでしまうほどの大きさになるはずもないもで、漏れる光で採光を確保できるかなと考えました。

階段にポトス、グリーンネックレスを置いてみた

窓枠の奥行が約10㎝だったので、そこまで大きな鉢は置けません。そして、階段というのは二階からの避難通路にもなりますので、地震などで落下する可能性を考えて、ハンギング(吊り下げ式)を取り入れました。

百円均一で棚の下に取り付けるL字型の大きいフックを購入し、窓の上の壁の部分に2本取り付けました。

まずおいてみたのは、グリーンネックレスとポトスです。

大好きな多肉ですが、太陽の光が一日中当たっている方角ではないので、鉢で育てるタイプのものは見送りました。

グリーンネックレスは、もともとハンギングにぴったりのタイプです。グリーンピースほどの葉がたくさん連なり、垂れさがる・・・。眺めていてぴったりです。

夏場はグリーンネックレスを外に置いていたので、室内に置いて光の量や気温が足りるのか心配しました。12月ころには葉っぱの端から伸ばしたつるのようなものに蕾をつけ、無事白い小さい花を開花させました。

グリーンネックレス

問題はポトスです。

ポトスは、サトイモ科の植物で原産地はソロモン諸島及び東南アジアの亜熱帯と熱帯雨林となっています。

そのため、日の当たる場所で8度から20度までの環境が生育に適していると言われています。

うーん。

ハンギング的には、グリーンネックレスも、ポトスも並んで垂れさがっているなんて最高じゃないか!と妄想していました。

でも、階段で管理を始めてから、葉が茶色く変色し始めてしまったのです。ポトスの葉は茶色に変色すると戻ることはありません。

このままではまずい!気温か日光か分からないけど、リビングに避難させました。今はキッチンの窓にハンギングで無事に育っています。

観葉植物ガジュマルは日陰に置けるの?

そんなこんなで悩んでいたところ、

多肉狩りをしました!

とはいえ、多肉がおいてあるお店屋さんだからといって多肉だけ置いているわけではありません。初めて行ったお店でしたが、店主の手をお止めてして、日陰でも置ける植物を紹介してもらいました!それがガジュマルだったのです。

これで、漏財宅対策の観葉植物として、我が家の窓に「ガジュマル」と「グリーンネックレス」がおかれることになりましたとさ。めでたしめでたし。

ガジュマル

最後に

漏財宅の対策ができたことで一安心しました。

夏になって、ガジュマルとグリーンネックレスを外に出すことになったら、何を置こうかな。今から考えて対策を考えておきます!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする