セダムを庭に地植えすると雑草対策になる!?

セダムポット苗

多肉植物にはまっていますか?はまっていませんか?

一戸建ての人の庭の悩みとして、庭に生える雑草の処理がとても面倒ですよね。そんな頭を抱えてしまう雑草対策に、セダムが使えるんです。

その方法を紹介したいと思います。

セダムポット苗6種

スポンサーリンク

多肉植物セダムとは?

セダムって聞いたことがありますか?

多肉植物は聞いたことがあるんではないでしょうか?

セダムとは、多肉植物の中のセダムという種類のことです。

食べ物 ー 肉 ー 豚肉

だとするならば

多肉植物ーセダムー丸葉万年草(マルバマンネンソウ)

という感じです。

なので、一言でセダムと言ったら、セダムという名前の多肉植物はなく、

丸葉万年草(マルバマンネンソウ)

ドラゴンズ・ブラッド

黄麗(オウレイ)

コーラルカーペット

タイトゴメ

ダシフィルム

などなど

まだまだまだまだ種類があるのです。

どうしてセダムが雑草対策に役立つの?

セダムは世界各地で自生するため、育てやすさなども異なります。

しかし、基本的には多肉植物の育て方の王道といった感じなので、夏は蒸れないように風を通し、冬は寒さを避けて室内や温室で管理することが大切になります。

そして、乾燥、高温低温、塩害、アルカリ性に強いため、日本では石垣などの被覆に使われることもあるような多肉植物なのです。

環境的には、日本原産の丸葉万年草(マルバマンネンソウ)なんて持って来いですね。

雑草対策として、実際に戸建ての庭のちょっとしたスペースにセダムをカットしたものをばらまいて、しばらく放っておいたら、地植えでにょきにょき、ぼうぼうと生えてきたwなんてお友達もいます。

セダムがモサモサに生えていたら、雑草が生える隙間なんてないですもんね。

セダムを庭に地植え???

そうです。

どうせ何か庭に生えてしまうなら、

勝手に雑草が生える前に、セダムを生やしましょう!!!

お好みのセダムがもりもりと生えてきて、しかも雑草が生えてこないなんて、夢のような最高の庭になるではないでしょうか。

一般的に、多肉植物は乾燥を好むため、雨に濡らしてはいけない、屋根のあるところ!という管理方法をしますが、日本原産のセダムならば、自然に生えているものですから私たちに庭にもなじんで生えてくれそうですよね。

丸葉万年草(マルバマンネンソウ)

タイトゴメ

ツルマンネングサ

なんてよいですね!

外国産の洋種セダムは庭に地植えできるの?

いろいろな人が挑戦して、うまく育てているようです。

その人の庭によって環境が全然違うので、一概に上手に育てていけるとは言い切ることはできませんが、この夏挑戦したいと思います。

結果は随時、公表していきたいと思います。

ダシフィルムリファレンス

ドラゴンズ・ブレッド

コーラルカーペット

ステファニーゴールド

などなど。お楽しみにしていてください。

最後に

11月ごろにセダムの見本と思って、いくつか苗を地植えしてみました!

セダムの成長は春からのものが多いので、まだまだ苗と苗の隙間が空いているのですが、一つ一つは寒い中でも少しずつ成長しています。

早く春にならないかな。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする